限定50名の生徒に徹底コミット

私たちPletzは「生徒の持つ力を最大限伸ばす個別指導塾」を理念に掲げ、なによりも生徒が楽しく学び、持てる力を最大限伸ばすことのできる塾をつくること、そして生徒と親御様に真摯に誠実に向き合うことを行動指針と定め、日々体現しています。

Pletzならではの独自システム

お子様に合わせたカリキュラム

トピックス

もっと見る

講師の紹介
クリックすると先生からのメッセージ表示されます。

私は中学受験、高校受験、大学受験を通して失敗と成功を経験しました。勉強が捗らない主要な原因はモチベーションを維持できないことであり、受験勉強に集中できない自分自身への苛立ちは大変苦しいものでした。それでは、このような状況から脱却するには何が必要になるでしょうか。それは、学習した内容を理解し、多くの問題量をこなすことです。当たり前の話ではありますが、基礎的な理解が不安定なものになると、多様な問題を解くことができないため、モチベーションも下がり勉強への拒否反応が出てしまいます。私の経験では、中学受験で御三家に不合格になったことから勉強への意識が変わり、復習中心で理解を深めることを重点とした勉強法に切り替えて、高校受験では御三家に合格してリベンジを果たすことができました。 そこで私の授業では、生徒の学習した内容を改めて生徒に説明してもらうことにしています。理解度を深めるためには説明を行うことが最も有効な手段の一つです。説明の構成を頭の中で整理すると、行き詰まる部分を実感として強く意識することができ、論理的な思考も身に付きます。個人指導では生徒の隣で同じ目線に講師がいるため、この学習スタイルが実現できるのです。また、私の授業では今までに学習した内容も確認して、復習を繰り返し行います。復習をコツコツと積み重ねることで確かな理解を目指しましょう。 私の授業スタイルはこのように「説明」と「復習」を中心としたものになりますが、生徒の求める授業は生徒の数だけ存在するという考えのもとで、生徒の要望に可能な限り応えたオーダーメイドの授業を提供致します。私と一緒に勉強の質を高めていきましょう!
私は高校時代、陸上競技部というハードで忙しい部活動に3年間取り組みながら、勉強も並行して行い、大学に現役で合格しました。その中で私が感じたことは、どんな環境にあっても、地道に努力を続けていけば、着実に勉強はできるようになるということです。そのためにはまず、勉強に対するやる気を保つことが重要になります。やる気が全く出ない人の共通点としては学ぶことの面白さに気づいていないことです。しかし、わからないことをただ続けていても学びを面白いと思うことは難しいと思います。だから私は生徒一人ひとりの理解状況をしっかり把握し、その人のレベルに合った指導を徹底的に心がけていきたいと思っています。一緒に頑張っていきましょう!
大学を卒業後、製造業の会社にて長年ビジネスを経験その中には米国での勤務や北米・アジア各国との英語を中心とした多くの交流もありました。 その際仕事上での英会話力強化必要性のため学校や受験での英語学習知識を会話脳(使える英語)につなげていく工夫を実施その結果バイリンガルになることができました(所有資格はtoeic965点です)。これら英語でのビジネス経験や学習経験を活かし今は将来の国際人を育てるべく英語の指導に取り組んでいます。指導のモットーは「人生の各段階での英語の目標を達成し併せて将来使える英語を身に着ける」です。具体的には生徒さんの各成長過程で必要な中学・高校の成績向上→高校・大学受験突破→社会生活や仕事で使える英語習得という段階によりベクトルの異なることが多い英語学習を一貫として見渡しまずは学校成績向上・受験突破の為の文法や英作文学習に徹底的にこだわりかつその勉強内容が会話脳育成に相乗効果を発揮していく指導を初期の段階から意識して行います。(有名大学は卒業したけど英語を話すことは苦手という笑い話をなくすことです)このことは難関大学受験指導までの文法・長文指導ができること、英検・toeic等の資格検定英語指導ができることは勿論ですが指導者自身がバイリンガルであり使える英語を身に着けた経験を持っていることによって初めて可能なこととなります。大学受験英語の4技能化推進(読む・聞く→読む・聞く・話す・書く)のための外部英語資格検定試験活用や小学生高学年への英語教科化が目前に迫ってきている状況のなかで上述させていただきました指導方針、指導力がますます意味を持つ状況になってきていると考えます。大きな夢を達成するため一緒に勉強をスタートできることを期待しています。 (最近の指導実績例は以下となります) ・大学受験合格校 (国立)東京農工大 (私立)上智、東京理科大、芝浦工大等 ・英検合格者多数 ・toeic350点→650点