こんにちは!もうそろそろ入塾シーズンですね。

 

どの塾を選べばいいのか…。迷っている方も多いのではないでしょうか?

 

塾選びにお困りの方はぜひ一度Pletzに相談頂ければと思います。

勧誘などは一切しないので、一度ご連絡ください。

塾選びで失敗して欲しくないので、塾側から見た目的別、予算別の塾の選び方をお伝えします。

[お問い合わせはこちら]

 

 

 

そして今回は「鉄緑会はなぜ東大合格者を量産できるのか!」

について説明していければと思います。

 

鉄緑会という予備校はご存知でしょうか?

東京大学理科Ⅲ類という国内最難関学部に45人(定員100人)もの生徒を合格させる圧倒的な合格実績を誇る予備校です。

 

鉄緑会はなぜこんなにも素晴らしい合格実績を残せるのでしょうか。

 

講師が優秀!?  テキストが優れている!?

 

おそらく素晴らしい講師もいるでしょう、テキストも優れていると思います。でも、それだけじゃ圧倒的な合格率の説明にはなりません。

 

なぜなら河合塾・駿台・代ゼミなども優秀な講師やテキストを有しているから。

 

 

果たしてこの圧倒的な合格率の要因はなんなのでしょうか?

 

 

ズバリ、早期に受験対策を始めるから。

 

鉄緑会では進学校の生徒が中学一年生の時から東大・医学部など最難関大学を目指し、日々切磋琢磨しています。つまりは中一から大学受験を見据えて勉強しているからなんです。

 

 

早く始めるなんてありふれたこと…。なんて思うかもしれませんがその効果は想像以上です。

 

多くの受験生が受験直前に後悔することは、時間が足りないということ。という話は耳にしたことがあると思うので、今回は別の角度からなぜ早期対策が有効なのかという、早期対策のメリットを説明したいと思います。

 

1,周りと差をつけることができる。

大体の受験生が本格的に受験勉強を始めるのが二年生の終わりか三年生の初めです。みんなと同じタイミングで3年生からスタートして一年で周りにつけられる差というのは大きくありません。早く始めたら単純計算でその分だけアドバンテージになります。そしてじっくりと培われた学力は本物の学力です。生涯というスパンで見ても基礎学力をつけるという点で早期かつ長期の学習は有効です。

 

勉強のコツを掴むことや、苦手科目対策に時間を使えるので直前に後悔…なんてことがありません

 

2,費用対効果が高くなる。(お得になります!)

塾に早くから通ったらお金がかかるんじゃ…と思われるかもしれませんがこれは間違っています。少なくともPletzなら。多くの生徒は三年生から塾に通い、大量の夏期講習・冬期講習・直前講習を取らされます(特に大手は)。果たして夏休みや冬休みに授業を詰め込んでそれが効率的かといわれると甚だ疑問が残ります。一年生の時点から週一回でもコツコツやった方が確実に成績は伸びます。

 

時間をかけてじっくりと自らの勉強法を身に付けられるので、三年生に大量の講習を取らなくて済みます。

 

3,受験という意識が芽生える。

1年生や2年生から塾に通うと自然と周りには先輩の受験生や同世代の仲間、講師との会話を通して「受験」という意識が植え付けられます。3年生から本気を出す!と思っていてもそんなにすぐに切り替えられないのが人間です。1、2年生の頃から少しずつでも意識することで、他の受験生と比べ受験への適応が早くなり、いい結果をもたらします。

 

Pletzとしては絶対に1年生、もしくは2年生の中頃までに苦手科目だけでも、塾に行かせることをオススメします。

 

毎年時間がもう少しあれば。。と後悔する受験生が多くいます。

 

受験は早く始めて損なことは一つもありません。早期学習をオススメ致します。