こんにちは。今回のテーマは「自習」についてです。

 

 

日々生徒たちの様子を見ていると、他の個別指導塾にはないある良い習慣があることに気づきました。

 

「自ら学ぶ姿勢」

 

Pletzの生徒を見てみると本当によく自習室に来ます。

 

毎日来てる子もいますし、受験生でなくとも週に2、3回は必ず来る子も多いです。

 

Pletzでは個別指導塾では珍しく、自習専用教室を設けています。

 

 

以前勤めていた大手の個別指導塾では空いている指導スペースで自習というのが普通でした。これだと授業の声や雑音なども多く、とてもではないですが集中できる環境ではありませんでした。自習室にきても同級生とおしゃべりしています生徒も多くいました。

 

 

そんな様子も見ていたので、しっかりと腰を据えて勉強できる自習専用教室を作りました。

 

 

またPletz開設当初から自学自習できるできる生徒を増やすことを目標にしていました。

なので講師、教室長が率先して自習に来るように声掛けすることも徹底していました。

 

 

結果的にPletz生はどんどん自習に来てくれるようになりました。

 

 

Pletzでは自習専用教室では私語厳禁、他の生徒からの苦情が数回あった場合は自習室利用禁止など快適に利用できるような環境を作っています。

 

 

約20席ある自習室が9割以上埋まる日もあり、生徒には快適な空間なのではないかと思います。

 

 

自習する子は伸びが違う。

 

 

そして生徒を見ていて思うのは、自習に来る生徒は成績が伸びます。

 

 

9割の人間は意志が弱い生き物です。

家で勉強しようと思っても、テレビ、スマホ、ゲーム、漫画についつい手が伸びてしまう。そんなことがほとんどだと思います。

 

 

自習室に来れば、横を見ればみんな真剣に取り組んでいる、テレビやゲームなどもない環境に身を置くことになります。

 

 

さらには、分からないところはその場ですぐに質問ができるので、分からないをそのまま放置してしまうこともありません。これは勉強においてとても大切なことです。

 

 

はじめは半強制的にでもこのような状況に身を置いて勉強することでそれが習慣となり、その生徒の血となり骨となります。

 

 

逆に週1回の授業だけで成績を伸ばすのは至難の業です。元々できる子は伸びます。ただ、出来ない子は中々伸びづらいと思います。授業だけでなく、自習管理までサポートするPletzだからこそ自習意識が身に付いてるように思います。

 

 

Pletzの良さは講師や内部の体制にもありますが、自習室に頑張ってる生徒たちがPletzの良さであり何より誇らしく自慢したい存在です。