富士見ヶ丘・高井戸の学校ではそろそろテストシーズン

 

テストシーズンに生徒の皆さんが最も困ることといえば苦手科目じゃないでしょうか?

 

Pletzでも苦手科目が克服できなくて相談にくる生徒が多いです。

 

 

苦手科目克服はどうしたら可能になるでしょうか?

苦手科目を克服するための方法を紹介していきたいと思います。

 

①なぜその科目が苦手なのか、原因を分析する。

 

まず第一にやることは苦手科目の原因分析。

なぜ自分はその科目が苦手で、どこで躓いているのか把握することが大切です。

 

数学であれば、単純計算のミスなのか公式をしっかりと覚えきれてないのか等、自分はどこが苦手なのかを把握することが大切です。

 

②苦手な原因を解決するための正しい学習法

 

苦手の原因が分かったらやること、それは正しい学習法を身に付けること。

原因が分かったけど、全く的外れな勉強法を続けていても効果はありません。

 

単純計算が苦手なのに文章問題をやっても効果は薄いですし、文章の読み取りが苦手なのに計算問題を解いていても苦手は克服できません。分かりやすい例をあげましたが、しっかり苦手の原因を克服できる学習法を行うことが重要です。

 

③絶対的な学習量を増やす。

 

絶対的な学習量、最後はコレが重要です。

 

楽に苦手科目を克服する方法はありません。(効率よく苦手を克服する方法はあります。)

苦手科目なので他の科目より多く時間を取って勉強する必要があります。今までと同じ勉強時間で苦手科目克服!なんて美味しい話は無いんですね。

上の三つをしっかりと意識して勉強に取り組めば確実に苦手科目は克服することができます!

 

とは言っても、自分で原因を分析して、正しい学習方法を身に付けて、自学自習をするのは中々難しいですよね。

 

そんなときは是非Pletzを頼ってみてください。

一人ひとりの原因分析・学習法・勉強時間管理をしっかりと行い、苦手科目克服のサポートをいたします。