クリックすると先生からのメッセージ表示されます。

私は一浪して大学に合格しました。現役時代は最低点まで30点も足りませんでしたが、1年間勉強して、合格者平均点を超える点数で大学に入ることができました。だからこそ、努力をすれば成績は伸びると信じています。成績を伸ばすには、正しい勉強法は当然ながら、勉強に対する前向きな姿勢が重要だと思います。自分の受験生時代の経験を生かして、生徒さんと、問題が解けなかった時の悔しさ、解けた時の嬉しさを共有しながら、目標達成に向けて精一杯サポートさせていただきます。
私は高校時代、自分なりの勉強のやり方を見つけることで成績を伸ばし、無事に大学に合格することができました。自分が考える勉強において最も大事なことは、勉強そのものに興味を持つことだと思います。興味のない科目を勉強したところで、大した実力は付きません。自分はそのことに気づいてまず勉強に興味を持つことからはじめ、勉強に対するモチベーションを高めました。ほんの少しの好奇心を持つことさえできれば勉強に興味を持ち、成績を向上させることができるはずです。私はそのような自身の経験を踏まえ、みなさんに勉強が楽しいと思って頂けるような指導をしたいと思っております。そのために私も生徒一人一人の状況をしっかりと把握し、生徒に合わせた教え方をしていきます。よろしくお願いします。
大学を卒業後、製造業の会社にて長年ビジネスを経験その中には米国での勤務や北米・アジア各国との英語を中心とした多くの交流もありました。 その際仕事上での英会話力強化必要性のため学校や受験での英語学習知識を会話脳(使える英語)につなげていく工夫を実施その結果バイリンガルになることができました(所有資格はtoeic965点です)。これら英語でのビジネス経験や学習経験を活かし今は将来の国際人を育てるべく英語の指導に取り組んでいます。指導のモットーは「人生の各段階での英語の目標を達成し併せて将来使える英語を身に着ける」です。具体的には生徒さんの各成長過程で必要な中学・高校の成績向上→高校・大学受験突破→社会生活や仕事で使える英語習得という段階によりベクトルの異なることが多い英語学習を一貫として見渡しまずは学校成績向上・受験突破の為の文法や英作文学習に徹底的にこだわりかつその勉強内容が会話脳育成に相乗効果を発揮していく指導を初期の段階から意識して行います。(有名大学は卒業したけど英語を話すことは苦手という笑い話をなくすことです)このことは難関大学受験指導までの文法・長文指導ができること、英検・toeic等の資格検定英語指導ができることは勿論ですが指導者自身がバイリンガルであり使える英語を身に着けた経験を持っていることによって初めて可能なこととなります。大学受験英語の4技能化推進(読む・聞く→読む・聞く・話す・書く)のための外部英語資格検定試験活用や小学生高学年への英語教科化が目前に迫ってきている状況のなかで上述させていただきました指導方針、指導力がますます意味を持つ状況になってきていると考えます。大きな夢を達成するため一緒に勉強をスタートできることを期待しています。 (最近の指導実績例は以下となります) ・大学受験合格校 (国立)東京農工大 (私立)上智、東京理科大、芝浦工大等 ・英検合格者多数 ・toeic350点→650点
私は高校時代、陸上競技部というハードで忙しい部活動に3年間取り組みながら、勉強も並行して行い、大学に現役で合格しました。その中で私が感じたことは、どんな環境にあっても、地道に努力を続けていけば、着実に勉強はできるようになるということです。そのためにはまず、勉強に対するやる気を保つことが重要になります。やる気が全く出ない人の共通点としては学ぶことの面白さに気づいていないことです。しかし、わからないことをただ続けていても学びを面白いと思うことは難しいと思います。だから私は生徒一人ひとりの理解状況をしっかり把握し、その人のレベルに合った指導を徹底的に心がけていきたいと思っています。一緒に頑張っていきましょう!
私は中学受験、高校受験、大学受験の全てを経験してきました。その中で一番大切なのは、計画性とモチベーションの維持だと考えます。勉強の仕方を教えていくだけでなく、自分にあった計画のたて方、やる気を出させて維持する方法を一緒に探していきたいと考えています。受験や試験、他塾での経験を生かし、生徒さんのご年齢、性格を踏まえた上で、一人ひとりに寄り添った指導を行います。
成績アップや志望校合格への道のりはお子様一人ひとりにより異なります。お子様の希望と目標、ご家族様の希望と目標、これらに寄り添うには個別指導が最適だと私は考えております。私も中学時代に個別指導を受けた経験により、現在も自分に適した方法で学習を進めることができております。 この経験を活かし、お子様の個性や進度に合わせたきめ細やかなご指導をさせていただきます。
私は、大学受験時代、苦手意識を持っていた英語と現代文の偏差値を20上げました。その秘訣は、明確な目標を立てて、計画的に学習を進め、継続することができたことにある、と考えています。成績を上げるには、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の4段階を段階的にこなして、継続していくことが必要だと考えます。勉強を継続することは決して簡単なことではありません。しかし、個別指導である当塾では、講師が生徒一人一人の学習進度を把握し、目標達成、第一志望校合格に向けて、全力でサポートしていきます
個別指導では国数英の3科目に特化し集中的に指導していきます。私が受験生の時にはこの3科目に絞り徹底的に勉学に励んでいました。特に数学においては、中学までは1番の苦手教科でした。しかし、数学の本質を捉えて理解する学習により克服しました。お子様が成績に伸び悩んでいる場合、苦手科目を得意科目に変えるお手伝いができます。 どこが苦手の原因か、そしてどう改善していくか。一人一人に合わせた指導を行います。 一緒に本質を捉える授業を展開していきましょう。
私は中高6年間塾に行かず自学自習で受験を乗り越えました。自力で学習を進めていく過程で効率が良くない点や、一人で対処するの厳しい点を見つけました。例えば自学自習ではどうしても短期的な目標ばかりを設定してしまって最終的な目標に届かなくなる。重要なのは目標から逆算して今何をやるべきかを明確にして勉強していくことです。大学受験に関わらず中学、高校受験や英検などの資格試験でも同様に試験日程から逆算して今この時期のするべきことを達成していくことで合格が可能になるわけです。また学校の成績がうまくいっていない生徒さん方はただ勉強ができないのではなく学校の教え方が合わないだけかもしれません。そのような生徒さんにも常に最善の方法を一緒に考えることで成績アップへとつながります。私の教え方は、まず目標とその時期を確認しそこまでの大まかな勉強計画を作成し、常に目標を念頭に置きながら合格に必要なことを一つ一つこなしていくというものです。指導はもちろんある程度の規律を持って行うつもりですが、私が一番に考えていることは生徒さんに勉強は楽しいものだと思っていただけるよう常に心がけています。誠心誠意ご指導していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
勉強は楽しいと感じられれば自然と成績は伸びていきます。私は非進学校(偏差値40程度)から自ら工夫して勉強し、明治大学に進学しました。勉強が苦手である生徒さんの中には「どうせ自分は…」「私には無理」と言ったような悲観的な考え方が根付いてしまってる子が多く見受けられます。先が見えず見通しが立たない受験生活を送っている生徒さんとマンツーマンで学ぶ事の楽しさを共有し、中学受験、高校受験、大学受験において志望校合格といった目標達成にお力添えが出来ればと考えています。受験は早く動けば動いただけ有利です。一緒に第一歩を踏み出し、勉強の楽しさを見つけましょう!